世界13カ国の6ヶ月分のチャート(罫線表。株価の推移を示す図) えびしおマップ


ドバイが何たらといっているが、とりあえず今週末までの世界13カ国の5月下旬から6ヶ月分のチャート(罫線表。株価の推移を示す図)。下部の棒グラフは出来高。

各図をクリックすると大きくなります。

ダウ平均(米国) FTSE 100(英) CAC 40(仏) DAX(独)

オールオーディナリーズ(豪) ST指数(シンガポール) ハンセン指数(香港) 上海総合指数(中国)

台湾加権指数(台湾) 韓国総合指数(韓国) ムンバイ指数(インド) ボベスパ指数(ブラジル)

日経平均株価(日本)

http://sp03.hp.infoseek.co.jp/chart-major%20world%20indices%20.html

この3ヶ月は日本だけが右肩下がり。

とうとう5月下旬の株価まで戻ってしまいました。

↓元気な頃の鳩山氏。

株安、金融政策・景気対策を打たなかった結果=民主党幹事長
http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPJAPAN-34514920081024
2008年 10月 24日 18:57 JST
[東京 24日 ロイター] 民主党の鳩山由紀夫幹事長は24日、東京市場で日経平均株価がバブル後最安値に迫るなど大幅に続落したことについて、金融政策や景気対策を打ってこなかった結果であり、市場の政府に対する信頼欠如が背景にあると語った。

 鳩山幹事長は、株安が進行していることに関し、「米国発の金融危機だが、日本の実体経済に深刻な影響を及ぼしかねない。その一つとして株価が急落している」との見方を示し、「相当、深刻と考えなければならない」と懸念を示した。

 その上で、外需依存型の日本経済を「早急に内需主導型に切り換えていく方向性を政府が強く導かなければならない」と指摘。

 政府・日銀の対応について「金融政策、景気対策を打ってこなかった。後手に回ってきた結果が、株価の急落になった」とし、「(麻生太郎首相が)さまざまな追加対策を打ち出そうしたにもかかわらず、株価が下がり続けているのは政府に対する信頼がまるでないということだ。政府の信頼を回復させなければ、日本の景気は回復しない」と述べ、景気回復には政権交代が必要との認識を示した。

© Thomson Reuters 2009 All rights reserved.

~ by realtime24 : 11月 29, 2009.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。