ROCKWAY EXPRESS ムーディーズの警告:公的債務のスパイラルで社会騒乱


来年2010年が世界経済にとって決して明るいものではなく、むしろ金融・経済危機が深化することによる、恐慌化が進むと見られ、それは同時に各国での社会騒乱の増大を懸念させるものとなり始めている。
 人間が生きていくことさえままならなければ、暴れだすことは当然のことだ。今回の金融・経済危機は深いため、それが特に中流階級を下流に押し下げ、下流はホームレスへとなるような状況があるのだから、来年は社会騒乱の年になっておかしくはない。
 格付け会社のムーディーズがそのような社会騒乱の増加を予想したレポートを出している。
 ちょっとかわったところでは、中国では今、「暴力抗法」と言われる、当局の経済的な取締りに暴力で対抗する動きが強まっている、という。年に数万件もの紛争がおきている中国だが、ここに来て当局に対する敢然とした動きが強まり、これはこのまま進むと当局の権威が失墜、無法が蔓延し、中国全体の共産主義の支配体制が揺らぎだす可能性も考えられる。

~ by realtime24 : 12月 19, 2009.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。