GSMの暗号が解かれた模様 – masayangの日記(クロスバイク通勤他


PCWeek: Hackers Show It’s Easy to Snoop on a GSM Call

PCWorld: GSM Encryption Cracked, Showing Its Age

BBC: Secret mobile phone codes cracked

  • 日本では使われていない(が、世界では主流に近い)携帯電話通話方式のGSMに使われている暗号が解かれた模様。
  • この手の研究は多くの国で違法らしい。米国では電話盗聴技術の議論すらご法度なんだとさ。
  • が、弁護士の指導の元、違法とならないように研究したKarsten Nohl氏は、GSM通話に使われている暗号の解読に成功。既に2TBに及ぶ逆引きデータベースを用意したらしい。
  • 現時点ではリアルタイム盗聴に必要なハードは3万ドル。
  • ムーア法則によれば、再来年には半額になる(笑

さてさて…GSM網に依存している国々はどうするのか?

  1. この手の研究は違法であると主張し、暗号が破られたという事実はなかったことにする。
  2. 盗聴されるリスクを覚悟してそのまま使う。
  3. 3Gとかに置き換える。

暗号化技術ってのは自分にとって苦手分野の一つだけど、プロプラ技術で隠し通すとろくなことはない、というのは理解できたような気がする。

日本と大韓民国を除く全世界で使用されている。2008年現在、全ての携帯電話方式の中で世界で最も使われている。世界の携帯電話端末市場の82%はGSM方式であり、世界の212ヵ国で約20億人が利用している。

基本的には第二世代携帯電話(2G)に属するが、GPRSの拡張データ通信を含むことで第2.5世代と呼ばれ、更に上位のEDGEを含むことで第2.75世代と呼ばれる。また、その上のEDGE Evolutionでは第3世代に近いデータ転送速度が出せる(後述)。現在ではGSMネットワークにおいてGPRSは一般的であり、EDGEも多くの地域で利用できる。

GSM方式のSIMロックされていない端末を一台持っておくと、世界のほとんどの国で、現地の事業者の発行するSIMカードを格安の料金で買い求めて、現地の携帯電話として現地の電話料金で携帯電話を使用できる。多くの国では空港に携帯電話会社のサービス窓口があり、プリペイドSIMカードを入手しすぐに使用を開始できる。wikiより   3Gに置き換えるしか無いかな。

~ by realtime24 : 1月 1, 2010.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。