90歳の老人が語る人生の教訓


人生は公平では無いけれど、それでもいいものだ。

誰かを嫌うには人生は短すぎる。

誰かと一緒に泣こう。一人で泣くより楽になる。

他人の人生と比べるな。人がどんな軌跡をたどったのかなど、
分かりはしないのだから。

深呼吸をしよう。心が落ち着く。

キャンドルを灯し、シーツを新しくし、素敵な下着をつける。
特別な日のためにとっておくのではない。
今日という日こそが特別なのだ。

幸せになる上での責任は、自分自身以外にない。

どんな災いも、次のセリフで閉じ込めてしまえ。
「5年経ったらこれはそれほど大事なことなのか?」

自分のことを、まじめに捉え過ぎる必要はない。
他の誰も気にしてしない。

毎日外に出よう。奇跡はあちこちで待っている。

人生はリボンで結ばれているわけではないが、それでもギフトである。

~ by realtime24 : 5月 16, 2010.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。