判決には容姿も重要な要素 ? – スラッシュドット・ジャパン


コーネル大学の研究によると、魅力的でない容姿の被告は容姿の優れている被告と比べ、有罪となる確率が 22 % 高かったとのこと。また、より長い懲役期間を下されることが多いとのことで、平均して約 22 ヶ月長くなるとのことだ。

証拠のしっかりした重大事件に関しては差は少なかったとのことだが、証拠の曖昧な軽い犯罪の場合は容姿が優れている方を好意的に受け取ることが多くみられたそうだ。

~ by realtime24 : 5月 21, 2010.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。