ブログヘラルド


マーク・シュルトレフ司法長官がロニー・リー・ガードナーの死刑執行にゴーサインを出したことを発表した。

リー死刑囚の死刑は銃殺隊によって執行された。死刑囚の死刑執行を発表する行為自体は普通だが、シュルトレフ司法長官が採用した発表方法は尋常ではなかった。同氏はつぶやきで発表したのだ。

シュルトレフ司法長官が投稿した2本のつぶやきを以下に掲載する:

「たった今看守にガードナーの死刑執行を許可した。彼が被害者に見せなかったご慈悲を神が与えてくれることを願う。」そして、その日の朝、同氏は次のようにつぶやいていた: 「重苦しい一日だ。最高裁判所が期間延長を認めず、私が最後に首を縦に振ると、ユタ州は最高の権力を使い、殺人者を処刑する。被害者を追悼する。正義が果たされる。」

~ by realtime24 : 6月 21, 2010.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。