大学生の就職内定率は過去最低の68.8%、高校生は回復 – 不景気.com | 就職, 統計, 雇用,


厚生労働省および文部科学省が発表した「就職内定状況調査」によると、2011年春に卒業を迎える大学生の12月1日時点の就職内定率は、調査を開始した1996年度以降で最低となる前年同期比4.3ポイント減の68.8%だったことが明らかになりました。

男女別で見ると、男性の内定率は前年同期比2.9ポイント減の70.1%、女性は同5.8ポイント減の67.4%で、女性にはより厳しい就職状況と言えそうです。

12月1日時点(大学生)・11月末時点(高校生)の就職内定率・:厚労省調べ

卒業年 06年卒 07年卒 08年卒 09年卒 10年卒 11年卒
大卒内定率 77.4% 79.6% 81.6% 80.5% 73.1% 68.8%
高卒内定率 72.8% 77.3% 79.7% 78.0% 68.1% 70.6%

一方、11月末時点の高校生の就職内定率は、前年同期比2.5ポイント増の70.6%へ回復を見せており、一部では雇用の下げ止まりを感じられる状況となっています。

~ by realtime24 : 1月 19, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。