Google、美術館にストリートビューのテクノロジーを活用 | ブログヘラルド


グーグル・アートプロジェクトは、博物館内のストリートビューそのものである。

グーグルによると、開発に18ヵ月間を要し、現在、旧国立美術館(ベルリン)、スミソニアンのフリーア美術館(ワシントン)、国立美術館(ロンドン)、フリック・コレクション(ニューヨーク)、絵画館(ベルリン)、MoMA(ニューヨーク)、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)、ソフィア王妃美術館(マドリード)、ティッセン=ボルネミッサ美術館(マドリード)、カンパ美術館(プラハ)、ヴェルサイユ宮殿(パリ)、アムステルダム国立美術館、エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルク)、国立トレチャコフ美術館(モスクワ)、テート美術館(ロンドン)、ウフィツィ美術館(フィレンツェ)、ゴッホ美術館(アムステルダム)の17の美術館に導入されている。

~ by realtime24 : 2月 2, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。