yebo blog: カフェインにまつわる7つの神話


  1. カフェインは中毒性がある: これはあなた自身が「中毒性がある」と考えているかどうかによる。確かに興奮剤ではあるが、定期的に摂れば、軽い依存を起こすかも知れないが、薬物のように人生に影響を与えるものとは全く違う。いきなり止めようとすると、頭痛、疲労、心配、短気、憂鬱などを経験する
  2. 不眠を引き起こす: 体はカフェインを素早く吸収するが、排泄も早い。1〜2杯で睡眠に影響を与えることはない
  3. 骨粗しょう症、心臓病、ガンなどの危険を増加させる: 適度な(3杯程度のコーヒー)は健康な成人には全く害を引き起こさない。骨粗しょう症いついていえば、一日7〜8杯も摂るような場合、カルシウムとマグネシウムを失わせるかも知れないし、高齢者はより敏感かも知れない。心臓病では、大規模な研究でカフェインは心疾患のリスクを増大させないことを示している。ガンは、研究から関係は全く明らかにならなかった。むしろガンの予防効果があるかも知れない
  4. 妊娠している女性は避けるべき: 適度なカフェインの消費は安全である。カフェインの消費量と妊娠結果(奇形や流産)との相関関係は見付かっていない。とはいっても多量のカフェインの摂取は控えた方がいいだろう
  5. 子供には悪い: 子供には大人と同じカフェインを処理する能力を持っている。研究で、カフェインを含む飲み物や食べ物が子供の活動に影響を与えないとの結果がある。しかし、敏感な子供には多量のカフェインを与えると、興奮、短気、心配などの効果を引き起こす可能性がある
  6. アルコールを追い出す: 酔いを覚ます効果はある
  7. 健康の効果は無い: 気分、集中を良くし、頭脳の明晰にする

~ by realtime24 : 5月 8, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。