菅の浜岡停止要請 実は「横須賀基地を守りたい米国からの圧力」を実行しただけ (『サンデー・スクランブル』) 玄米


1.菅総理の浜岡原子力発電所の停止要請の真意

 菅総理が浜岡原発の停止要請をしたのは、アメリカからの圧力を実行しただけ。
 アメリカは4月上旬から逸早く国務省・国防総省があらゆる人脈を通して浜岡を
 止めるように日本側に働きかけをしていた。青山氏へもその働きかけがきていた。

 アメリカが浜岡を止めたい理由は、日本国民のことを考えてというよりは
 万一事故が発生すれば、横須賀基地が使用できなくなり上陸地点を失うため。

2.決断に際しては、経済的影響が全く考慮されていない

 浜岡の危険性は経産省でも認識していて、経産省では浜岡原発を止めた場合の
 中部電力の電力供給が及ぼす影響を試算している最中であり、菅総理はその試算も
 全く見ずにこの決断を行っている。

 中部電力圏内には、トヨタ・ホンダ・スズキなど国際的にも影響がある企業の
 工場が集中しており、電力供給に問題が生じればその影響があまりにも大きい
 ので、国全体のことを見渡して判断すべき総理が、それを考慮しないで、単なる
 延命や人気取りだけで、このような重大な決断をする事自体、既に統治能力を
 失っている。

~ by realtime24 : 5月 9, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。