かに星雲から奇妙なガンマ線放出現象を観測


NASAはフェルミ・ガンマー線宇宙望遠鏡を使った観測で、4月12日に地球から6,500光年離れた「かに星雲」から、今まで観測されたガンマ線エネルギーの5〜30倍の膨大なガンマ線が放出されいることを確認したそうだ[popsci]。4日後には最高点に達したが、なぜかその2日後にはやんでしまったそうだ。星雲の中心には1秒間に30回転している中性子星があり、X線を放出しているが、今回のガンマ線とは関係なく、中性子星から半径1/3光年から放射されていなけれならないが、研究者にとっては謎の現象との事。

~ by realtime24 : 5月 14, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。