原発という脳内汚染


【橋本勝さんのコメント】

戦争と同じく始めたら止められない
まるで麻薬のようなものが原発である
原発中毒は放射能汚染をもたらすだけではなく
社会にも様ざまな悪しき害をもたらす
そして原発は人間の脳内に巣食って
健全な判断力や想像力を失わせる
そうした原発による脳内汚染の症例のひとつに
テレビなどでの原発事故のニュースのさいに出てくる
専門家と称する学者先生にみることができる
その根拠なき楽観論を聞いていると無性に腹が立ってくる
原発を肯定する立場にたたないと学者として
やっていけないといった言い分けは通用しない
それ以前に人間としての
生き生きとした感受性や想像力が
欠けているのではないかと思わざるをえないのだ
だから学問の積み重ねがされているはずの脳内が
原発によって簡単に汚染されてしまうのだ
信念なき学者は、御用学者としてしか生きる道はない
そんな彼らによって人びとの大切な命と暮らしの場が
致命的な汚染をさせられてしまうなんて
絶対にゴメンだ。

~ by realtime24 : 5月 22, 2011.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。